ひっそりとおまけ的ブログ


by full_jump

ぶっ生き返す!!

ブッイキス!!てめーらブッイキス!!(あいさつ)
カラオケで思いっきりパンクを歌いたい



前々から少し気になっていたシリーズを購入。
誉田さんの警察小説はスピード感があってイイ!
せっかくなので個別に感想を。

『ジウⅠ 警視庁特殊犯捜査係【SIT】』/誉田哲也
〈あらすじ〉
  都内の住宅地で人質籠城事件が発生した。所轄署や機動隊とともに警視庁捜査一課特殊
  犯捜査係が出動し、門倉美咲巡査は差し入れ役として犯人のもとへ向かうが――!?

スピード感満載!さらに人間がアツい!誉田さんの小説の魅力が存分に発揮されている!
ヒロインのキャラの書き分けがよく出来ていて、シリーズの導入としてはうまくいっていると思う。
事件は小さなものから、裏にある大きなものが暴かれるという定番の手法ながら、展開の予測できないものでスマートに決まっている。

『ジウⅡ 警視庁特殊急襲部隊【SAT】』/誉田哲也
ようやくジウ登場!
しかもその裏に黒幕が!ヒロインの片方がジウ陣営に取り込まれてえらいこっちゃ!!
やばい!やばいよ!!どうなんのこれ!!って感じの面白さ

『ジウⅢ 新世界秩序【NWO】』/誉田哲也
シリーズ完結。
Ⅱで終わっとけばよかったのに、これは明らかな失敗だったと思うんだ。
タイトルの新世界秩序からして危ない匂いが漂っていたことに気づくべきだったと思う。
スピード感はあるし、キャラもいいだけに展開が残念でならない。
[PR]
by full_jump | 2009-05-01 01:02 | 本の話